ウズベキスタン観光情報 ウズベキスタン旅行記とエリアガイド

ユーラシア大陸の中心『ウズベキスタン』の旅行記&エリアガイドです。
かつてシルクロードの要衝として栄えたウズベキスタンには、
古都サマルカンド、聖なるブハラ、博物館都市ヒヴァなど、
今も多くのイスラム建築遺跡が存在します。
当サイトでは、日本ではまだあまり知られていないウズベキスタンを様々な角度から紹介します。

ウズベキスタンのホテル

タシケントパレスホテル

タシケントにあるタシケントパレスホテルです

ウズベキスタンの首都タシケントで宿泊した、タシケントパレスホテルです。
タシケント空港からはだいたい車で30分くらいの場所です。

タシケントパレスホテルは外観も内装もとっても奇麗です

外観も内装もとっても奇麗で、さすがは首都にある高級ホテルといった感じです。
ガラス張りのエレベーターを昇りながら中庭を見下ろすことができ、トイレも奇麗で紙も流せました!

タシケントパレスホテルの中庭にはプールもあります

タシケントパレスホテルの中庭にはプールもあって、「暑くて観光どころじゃないなぁ…」という人にはちょうど良いでしょう。
行った時期がちょっと早かったので、泳いでいる人はほとんどいませんでしたが、もう少し暑い時期になったらきっと大人気でしょう。

場所はナヴォイ・オペラ・バレエ劇場の真正面で、ティムール広場ブロードウェイツム百貨店などにも近いので、観光にも便利です。

ホテルザルガロン

ブハラにあるホテルザルガロンです

ウズベキスタンのブハラで宿泊したホテルザルガロンです。
B&B(ベッド・アンド・ブレックファスト)と呼ばれている、民家を改造したタイプのミニホテルです。
2003年にオープンのまだ新しいホテルで、ベージュ色の建物がいかにもイスラム風といった感じです。

ホテルザルガロンは落ち着いた内です

内装は木を基調にした落ち着いたもので、全体的にウズベキスタンらしさが漂っていました。
部屋のドアのキーが、まるでRPGに出てくるようなレトロな形をしていたのが印象に残っています。

ブハラのシンボルカラーン・ミナレットのすぐ傍で、ロケーションは最高と言えるでしょう。
私たちが宿泊した部屋からの眺めはこんな感じです。

ホテルザルガロンからカラーン・ミナレットが見えます

カラーン・ミナレットとミル・アラブ・マドラサをいつでも好きなときに見ることができます!
どうやらツインの部屋が眺めの良い位置にあるようなので、部屋からの眺望を重視するならツインの部屋をどうぞ。

セントラルサマルカンドホテル

サマルカンドのセントラルサマルカンドホテルです

サマルカンドで宿泊したセントラルサマルカンドホテルです。
2001年の3月にオープンしたばかりの、まだ新しいホテルです。
14階建てのホテルで、高層階からの眺めはなかなかのものです。

セントラルサマルカンドホテルは内装もキレイです

新しいだけあって、内装もかなりキレイです。
サマルカンドの象徴レギスタン広場までの距離は、公園を突っ切る近道を使って1kmくらいでした。
どちらかというとサマルカンドの旧市街よりも新市街に近いです。

エレベーターはちょっと古臭いです|ウズベキスタン

このホテル、新しいワリにはエレベーターがちょっと古臭い型です。
個人的なイメージとしては、伊香保の温泉ホテルのような感じでした。
タシケントパレスホテルのガラス張りエレベーターとは大違いです。
またトイレは洋式ですが、『便器に紙を流してはいけない』 のタイプのようでした。
日本のトイレットペーパーに近い柔らかいタイプでしたが、万が一詰まると大変なので、一応備え付けのくず入れに捨てましょう。

ホレズム・パレス

ウルゲンチにあるホレズム・パレスです

ウズベキスタンはヒヴァの玄関口、ウルゲンチで宿泊したホレズム・パレスです。
最近改装が終わったばかりで、建物、客室もとてもキレイで、設備も整っていました。

ホレズム・パレスの中庭はキレイです

ヒヴァを含むツアーに申し込むと、このホレズム・パレスに宿泊するものが多いように見えました。

近くにアレ・ホレズミ像が立っています

ウルゲンチ空港からは自動車で5分くらいの場所にありました。
近くに目ぼしい観光地は無いですが、アル・ホレズミ像が立っていました。

ウルゲンチのバザールです

なお、ウルゲンチはアムダリヤ川のデルタ地帯にあるホレズム州の州都で、旧ソ連時代に作られた近代的な町です。
残念ながら、観光地はほとんど無いです。

旧ソ連時代はヒヴァの町には外国人が宿泊する事はできなかったため、外国人観光客はウルゲンチに宿泊し、日帰りでヒヴァ観光をするしかありませんでした。
現在はヒヴァにも宿泊できるようになったので、できればヒヴァに泊まったほうが良いかもしれません(ムハンマド・アミン・ハーン・マドラサなど)。
朝方・夕方が非常にキレイですし。

スポンサーリンク