スロベニア国旗

ヴィントガル渓谷 ~Blejski vintgar~

ブレッド湖観光のおまけ程度にしか考えていなかったヴィントガル渓谷ですが、コレが大当たりのとても幻想的で美しい場所でした。
オンシーズンにはブレッド湖畔からバスが出ているようですが、今回はオフシーズンだったので、レンタサイクルを借りて片道三十分ほどの道程でした。

ヴィントガル渓谷 ~Blejski vintgar~

エメラルドグリーンの水が鮮やかなヴィントガル渓谷

ブレッド湖から4キロメートルほどに位置するヴィントガル渓谷は、トリグラフ山(Triglav)から流れるラドヴナ川(Radovna)の渓流で、全長は約1.6キロメートルあります。

ヴィントガル渓谷の看板 ヴィントガル渓谷入り口付近

1893年から観光客に開放されるようになり、岸壁に沿って遊歩道が作られているために容易に探索することができます。

ヴィントガル渓谷の急流 流れが穏やかなところ 安全を祈願して 透明度が高い水 水の勢いが強いところは白く見える チョロチョロと流れ落ちる水

急流あり、小さな滝あり、穏やかな流れありと様々な顔を見せてくれるので、歩いていて飽きることがありません。エメラルドグリーンに輝く水が綺麗です。

綺麗な遊歩道が掛けられています 意外と観光客は少なかったです 陽が当たるとまた違った緑色に 沈んでいる倒木もよく見えます 木々の緑もきれい 緑・青緑・黄土・白・赤茶

水の透明度はブレッド湖よりもさらに上。川底に沈んでいる木々や藻なども余裕で見えます。陽の当たり方によって、水の色は様々な緑色に見えます。

13メートルの高さから落ちるシューム滝

13メートルの高さから落ちるシューム滝(Slap Šum)。これでもスロベニアで最も大きい滝だそうです。

アーチ橋はボーヒン鉄道が通過する

頭上33.5メートルの高さにある石造りのアーチ橋は、タイミングが合えばボーヒン鉄道が通過する様子が見られます。

入場チケット(4ユーロ)を買うのに一時間待ち、などという情報もネット上にはありましたが、そこはオフシーズンの強み、すんなり余裕で入れたのは良かったです。

トリグラフ山系の雄大な景色 遠くにブレッド城が見える 木でできたマスのオブジェ

渓谷までの道中もサイクリングには持って来いの素晴らしい景色でした。