スロベニア国旗

ブレッド ~Bled~

スロベニアに行ってみたいと思ったきっかけはブレッド湖の写真を見たことでした。
当時は本当に行くことになるとは思っていませんでしたが…。
首都リュブリャナからのアクセスは非常に良く、往路はバス、帰路はミニバンで、片道一時間二十分程度で着きました。

ブレッド湖 ~Blejsko jezero~

ブレッド湖と聖母被昇天教会

ユリアンアルプスの最高峰であるトリグラフ(Triglav)山系に囲まれたブレッド湖は、『アルプスの瞳』と称されるほどの美しさです。湖にポカンと浮かぶブレッド島には、なんとも神秘的な聖母被昇天教会が静かに建っています。

トリグラフ山系に囲まれたブレッド湖 ブレッド湖からブレッド城を望む

湖の周囲は約6キロメートルで、湖畔をグルッと自転車で一周しましたが、緑がとても気持ち良かったです。たまに登り坂がしんどかったりもしましたが…。

乗合手漕ぎボートのプレトナ ブレッド湖は手漕ぎボート以外は禁止です

湖畔からブレッド島にはプレトナ(Pletna)という名の乗合手漕ぎボートで行きました。自分でボートをレンタルして漕いで行ったり、泳いで行ったりもできるらしいですが、さすがにそんな気力・体力・時間も無いので…。プレトナは元々は島への巡礼をする人のための舟だったそうです。なおブレッド湖ではエンジンを使うボートは環境保護のため禁止だそうです。

ドイツ人の団体さんと一緒に乗船 贅沢なプレトナ貸し切り状態

プレトナの乗員は約二十人ですが、人数がある程度集まらないと出発しません。訪れた時期がオフシーズンで、かつ一人旅だったのでこの点が不安でしたが、ちょうどドイツ人の団体さんがいたので端っこに一緒に乗せてもらいました。ちなみに帰路は団体さんが途中下船してしまったので、ボート貸し切りという超贅沢なことに!

ブレッド島にたたずむ聖母被昇天教会

ブレッド島には聖母被昇天教会(聖マリア教会・Cerkev Marijinega Vnebovzetja)が建っています。昔はジヴァの神殿がありましたが、8世紀頃にキリスト教の教会に変わり、17世紀にバロック様式の教会へと改築されました。

トリグラフ山系をバックに聖母被昇天教会

教会を建てるための資材を島まで運ぶのが大変そうですが、冬季に凍った湖面の上をソリを走らせて運んだそうです。

99段の石階段を登る

島の正面から上陸すると九十九段の石階段がありますが、結婚式を迎えた新郎は新婦を抱えてこの階段を登るそうです。新郎が新婦の一生を抱えていけるかを試されており、登っている間新婦は言葉を発してはいけないそうです。

願いの鐘を三回鳴らすと願い事が叶うという 島に佇むマリア様の像

教会の内部には『願いの鐘』と呼ばれる鐘があり、この鐘を三回鳴らして聖母マリア様に祈りを捧げると、願い事が叶うと言われています。願いの鐘には以下のような言い伝えがあります。
その昔、ポリクセナという名の、盗賊に夫を殺されてしまった未亡人がいました。その夫の弔いのため、彼女は教会に鐘を寄進することにしました。しかし鐘を積んで島に向かっていた舟が嵐で沈没。不幸が続いた彼女はブレッドを去り、ローマで尼僧になりました。この不幸な話を聞いたローマ法王が心を打たれ、新たな鐘を教会に贈ったそうです。
今回訪れたときはあいにく改装中で、見所が制限されていたのが残念でした。

展望台から見下ろしたブレッド島

よく絵葉書などになっている、このアングルからの景色を見るには、ちょっとした労力が必要です。

展望台へはこちらから 途中に看板もあるので方向音痴でも安心

湖をグルッとしていくと、南西に『6 OSOJNICA』と書かれたこんな看板が見つかります。ここを案内に沿って二~三十分ほど山道を登っていくと、絶景が見られる展望台につきます。google Mapで『Mala Osojnica』で調べるとなんとなくわかります。

展望台から見下ろしたブレッド島のアップ

午前中は逆光になるので、展望台に登るのは午後がお勧めです。

ブレッド湖ではマスが捕れる ブレッド湖ではマスが捕れる

スロベニアでマスと言えば、ボヒニュ湖の黄金のマスが有名らしいですが、ブレッド湖でも捕れるようです。食べたのは定番のムニエル。一緒に飲んだのはRadlerというビールとジュースを割ったものです。

ブレッド城 ~Blejski grad~

ブレッド湖畔の断崖の上に建つブレッド城

ブレッド湖の北岸に位置するブレッド城は、高さ約130メートルの断崖の上からブレッド湖を見下ろすように建っています。

登山口から階段を上っていきます ブレッド城が見えてきました

城へはいくつかある登山道を二十分ほど登っていくことになります。私は聖マルティヌス教会の脇の登山道から入りました。歩くのが面倒な人は馬車で行くこともできるそうです。

ブレッド城は上下二階の広場を囲むように建てられている

ブレッド城は上下二階の広場を囲むように建てられていて、一階はロマネスク様式の壁とゴシック様式の塔で囲まれ、二階には礼拝堂や博物館になっている邸宅があります。

礼拝堂の内部 礼拝堂の内部

礼拝堂の内部。こじんまりとしています。

博物館で展示されている民族衣装 博物館で展示されている鎧

博物館。民族衣装、鎧、食器などが展示されていて、ブレッドの歴史をたどることができます。

鍛冶屋のシンボルの竜 素敵な鍛冶屋グッズ

鍛冶屋。竜は鍛冶屋のシンボルだそうです。中二心をくすぐられるようなRPG的な品々が揃ってます。

印刷所 ワインセラー 造幣局

印刷所にワインセラーに造幣局。駆け足観光になりました。

ブレッド城から見たブレッド島

ブレッド城の中庭から見下ろしたブレッド島です。やはりどこから見ても美しいです。

聖マルティヌス教会 ~Cerkev sv.Martina~

ブレッド湖から見た聖マルティヌス教会

ブレッドでは聖母被昇天教会がクローズアップされますが、この聖マルティヌス教会もかなりのものです。ブレッド湖から見ると、雪山をバックにとても絵になります。

キリストの磔刑像 聖マルティヌス教会の内部 聖マルティヌス教会の内部 聖マルティヌス教会のステンドグラス

1000年以上前に最初の礼拝堂が建てられ、次いで15世紀からゴシック様式の教会が建ち、そして現在の教会は1905年に建てられたものだそうです。