ポルトガル旅行記

~リスボン~シントラ~エヴォラ~オビドス~ナザレ~

リスボン ベレン地区 ~Belém~

ポルトガルの大航海時代が幕を開けた地であるベレンには、今でもその時代を代表する建築物が集積していて、世界遺産にも登録されています。ベレンの塔ジェロニモス修道院発見のモニュメントなど見どころが沢山です。

ジェロニモス修道院 Mosteiro dos Jerónimos

ヴァスコ・ダ・ガマ(Vasco da Gama)によるインド航路の発見を記念して、1502年にマヌエル1世(Manuel I)が建設を開始したジェロニモス修道院。大航海時代の香辛料貿易によって得た莫大な利益をつぎ込んで建てられています。初めてリスボンを訪れた人ならだれもが赴く、リスボン観光の目玉と言っても過言ではない場所です。

マヌエル様式の傑作と呼ばれるジェロニモス修道院

マヌエル様式の傑作と呼ばれるジェロニモス修道院。マヌエル様式とはポルトガル独特の建築様式で、大航海時代の繁栄を思わせる過剰な装飾が特徴です。

国立考古学博物館と海洋博物館も併設

修道院には国立考古学博物館と海洋博物館も併設されています。お昼過ぎに行きましたが、すでに入場待ちの大行列が…。

マヌエル様式の回廊に囲まれる美しい中庭

修道院の美しい中庭。マヌエル様式の回廊にグルッと囲まれています。回廊は55メートル四方の大きさがあるそうです。

回廊の柱やアーチには大航海時代を象徴するモチーフ

回廊の柱やアーチには、船のロープや貝、珊瑚、花、鳥などの大航海時代を象徴するモチーフが彫り込まれています。これぞマヌエル様式。

レースのカーテンのごとく細かい装飾

固い石灰岩にまるでレースのカーテンのごとく細かい装飾。完成まで三百年ほどかかったのも無理ないかもしれません。

食堂の壁を取り囲むアズレージョ

広い食堂。壁を取り囲むアズレージョがキレイです。北の壁には聖ジェロニモスの絵が掛かっています。

隣接するサンタ・マリア教会

修道院の二階から隣接するサンタ・マリア教会(Igreja Santa Maria de Belém)を眺めたところ。

磔刑のキリスト像

磔刑のキリスト像(Cristo Crucificado)。けっこう間近で見れます。

サンタ・マリア教会の西門

サンタ・マリア教会の西門。扉上部にある彫刻は、左から受胎告知、キリストの降誕、東方三博士の礼拝を表しています。

椰子の木をモチーフにした教会の柱と天井

椰子の木をモチーフにした教会の柱と天井。天井が凄く高いので、とても開放感があります。

カモンイスの棺

教会を入って右手には筆と竪琴が彫られたカモンイス(Luís de Camões)の棺が置いてあります。

ヴァスコ・ダ・ガマの棺

教会を入って左手にはカラベル船が彫られたヴァスコ・ダ・ガマの棺が置いてあります。

クモの巣が張り巡らされているように見える天井

クモの巣が張り巡らされているようにも見える天井。たくさんあるステンドグラスから光が多く入ってくるので、教会内は結構明るいです。

聖母マリアのステンドグラス

聖母マリアのステンドグラス。

何の絵かはわからないがステンドグラス

何の絵かはわからないけどステンドグラス。

礼拝堂はマヌエル1世と王妃、王子とその王妃の霊廟

礼拝堂はマヌエル1世と王妃、王子とその王妃の霊廟になっています。その背面にはキリストの生涯を描いた五枚の絵が掛かっています。

サンタ・マリア教会の南門

サンタ・マリア教会の南門。上の窓のところにベツレヘムの聖母の像、下の門の中央にはエンリケ航海王子(Infante Dom Henrique)の像があります。

帰りの市電15番を待つ大行列

帰りの市電15番を待つ大行列。乗るまでにかなり待たされました。

発見のモニュメント Padrão dos Descobrimentos

エンリケ航海王子の五百回忌を記念して作られた発見のモニュメント。エンリケ航海王子をはじめとして33人の探検家、宣教師らの像がズラーッと並んでいます。

エンリケ航海王子の五百回忌を記念して作られた発見のモニュメント

モニュメントは帆船(Caravela)の船首の形を模して造られています。

記念碑の高さは52メートル

記念碑の高さは52メートル。遠くからでもその存在が良くわかります。これはヴァスコ・ダ・ガマ庭園から見たところ。

先頭がエンリケ航海王

記念碑の西側。先頭がエンリケ航海王子。こっち側は他には日本人におなじみの人はいないかな。

剣をモチーフにした彫刻

剣をモチーフにした彫刻。この下に展望台への入り口があります。

東側にはヴァスコ・ダ・ガマ、マゼラン、ザビエルらがいます

記念碑の東側。ヴァスコ・ダ・ガマ、フェルディナンド・マゼラン(Fernão de Magalhães)、フランシスコ・ザビエル(Francisco de Xavier)ら、日本でもおなじみの人たちがいます。

ベレンの塔 Torre de Belém

ヴァスコ・ダ・ガマの世界一周を記念して、16世紀初めにマヌエル1世によって建てられたベレンの塔。午後三時半くらいに訪れて、ジェロニモス修道院との共通チケットを買おうと思ったのですが、チケット売り場の人に「今からでは絶対に観光時間が足りないから止めとけ」と強硬に止められました。

テージョ川の貴婦人と称されるベレンの塔

ベレンの塔はテージョ川を出入りする船の監視と港を守る要塞としての役割も持っています。司馬遼太郎に「テージョ川の貴婦人」と称されています。

マヌエル様式の装飾のベレンの塔

ロープや海草をイメージしたような装飾が随所に見られますが、これはジェロニモス修道院と同じくマヌエル様式の装飾だそうです。

窓に向かって放射状に大砲が並ぶ

砲郭には窓に向かって放射状に大砲が並んでいます。この下のフロアは火薬庫、さらに下の最下層は政治犯らを閉じ込めた水牢になっています。

テラスを見上げたところ

堡塁から続く中庭的な感じのところからテラスを見上げたところ。

攻城兵器?

攻城兵器かな?

三階外壁にはマヌエル1世の紋章

二階は国王の間、三階は謁見の間、四階は礼拝堂になっています。三階外壁にはマヌエル1世の紋章があります。

塔の最上階から東側を見たところ

塔の最上階から東側を見たところ。発見のモニュメント4月25日橋が見えます。

塔の最上階から下のテラスを見下ろしたところ

塔の最上階から下のテラスを見下ろしたところ。上下に行き来するための階段は人一人分くらいの狭さなので、信号で交通整理をしていました。

トーレ・デ・ベレン庭園にあったベレンの塔のオブジェ

すぐ近くのトーレ・デ・ベレン庭園にあったベレンの塔のオブジェ。細かいところまで良くできています。

パステイス・デ・ベレン Pasteis de Belém

日本ではエッグタルトの名前でおなじみの、ポルトガルの伝統菓子パステル・デ・ナタの老舗、パステイス・デ・ベレン。店は観光客で溢れかえっていました。

伝統菓子パステル・デ・ナタの老舗パステイス・デ・ベレン

ジェロニモス修道院近くの、青い屋根が目印のお店です。人だかりができているので、場所はすぐにわかりました。

ジェロニモス修道院の修道女から伝えられた配合と作り方

パステル・デ・ナタは日本で言うエッグタルトです。店は1837年創業で、ジェロニモス修道院の修道女から伝えられた配合と作り方を今も頑なに守っています。

観光客で大人気のパステイス・デ・ベレン

観光客で大人気。店内で食べようかと思っていましたが、あまりの混雑っぷりにテイクアウトにしました。

次々に焼きあがるパステル・デ・ナタ

次々に焼きあがるパステル・デ・ナタ。400度という高温で短時間に焼き上げるため、パイ皮がパリパリになるそうです。

パステル・デ・ナタ以外の菓子も売っています

一応パステル・デ・ナタ以外の菓子も売っていますが、存在感は薄いです。

甘さは控えめでクリームは滑らか

甘さは控えめでクリームは滑らか。二つ購入して、一つはそのまま、もう一つは付属のシナモンパウダーをかけて食べました。