ロゴ Weihnachtsmarkt

ドイツのクリスマスマーケット

シュヴァンガウの観光地

ノイシュヴァンシュタイン城

ロマンティック街道の華であるノイシュヴァンシュタイン城は、『白鳥の城』の異名を持つ美しい城です。
1869年に建設が開始されましたが、城主であるルートヴィヒ二世が急逝したため全面完成には至らずに終わっています。
彼が滞在したのはわずか127日という短い期間だったそうです。
なお、ルートヴィヒ二世はちょっとイッちゃっていた人のようで、超豪華な城を次々と作らせて財政を圧迫させ、精神病院に入れられた上での謎の事故死だそうです。

※クリック(タッチ)で写真拡大

ノイシュヴァンシュタイン城は『白鳥の城』の異名を持つ シンデレラ城のモデルにもなったノイシュヴァンシュタイン城 中庭には赤レンガで造られた城門 城までは馬車で行くこともできる 城の内部は豪華な博物館になっている

ホーエンシュヴァンガウ城

ルートヴィヒ二世が子供の頃を過ごしたホーエンシュヴァンガウ城は、彼の父親であるマクシミリアン二世が廃城を再建したものです。
ワーグナーの有名なオペラ『ローエングリン』の白鳥騎士伝説の舞台でもあります。
ノイシュヴァンシュタイン城よりも小さくて地味ですが、実生活感はこちらの方があります。

ルートヴィヒ二世が少年期をを過ごしたホーエンシュヴァンガウ城 オペラ『ローエングリン』の白鳥騎士伝説の舞台

フュッセンの観光地

ホーエス城

ホーエス城は1500年頃にアウグスブルク司教の夏の居城として建てられました。
城の外壁には一面に出窓の縁飾りなどの『だまし絵』が描かれています。

外壁の一面には窓の縁飾りなどのだまし絵が描かれる 時計塔からはフュッセンの街を見下ろせる

精霊シュピタール教会

ピンク色の壁に描かれたフラスコ画が鮮やかで可愛らしい聖霊シュピタール教会です。
描かれているのは2人の聖者です。

ピンクの壁のフラスコ画が鮮やかな聖霊シュピタール教会 暗くてわかりにくいが祭壇もピンク色

Back to Top