エジプト旅行記 カイロ・ギザ・ルクソール・アスワン・アレキサンドリア

エジプト旅行記

2012年4月30日~5月7日

ポンペイの柱

絶世の美女として知られる古代エジプトプトレマイオス朝最後のファラオのクレオパトラ。そのクレオパトラが最期を迎えた都市がアレキサンドリアです。
ちなみにクレオパトラはエジプトの女王でしたが見た目はギリシャ人っぽく、髪型も古代エジプト女性にありがちなオカッパではなくて巻き髪だったようです。

エドフ神殿はホウス神に捧げられた神殿

『地中海の真珠』とまで呼ばれるエジプト第二の都市アレキサンドリアは、他のエジプトの都市とは全く違った都会的な印象の美しい街です。カイロなどの他の都市からだけでなく、ヨーロッパ各国からも保養や観光のために人々が訪れるそうです。
空と海の鮮やかな青さ、そして明るい日差しが、地中海の真珠という異名 が大げさではないことを示してます。

馬車を操る少年

ポンペイの柱は高さ27m(台座を含むと30m)、円周8mの巨大な柱で、アスワンで産出された赤色花崗岩で作られています。アレキサンドリアでは数少ない遺跡の一つです。かつては四百本の柱が立っていたと考えられていますが、諸説あって真相はわかっていません。
柱の周囲は普通の住宅街というか団地で、そんな場所にポツンと一本立っている柱がミスマッチです。

王冠をかぶったホルス神像

ポンペイの柱と呼ばれるようになった理由も諸説あってはっきりしていませんが、いずれの説によっても勘違いから名付けられたようです。
二体のスフィンクス(写真は一体しか写ってませんが)が柱を守るように置かれていますが、元からここにあった物ではなくて、近くで発掘されたものを持ってきて置いてあるようで、柱との関連性はないようです。

王冠をかぶったホルス神像

アレキサンドリアで他に訪れた場所にアレキサンドリア国立博物館があります。内部は例によって撮影不可だったので、チケットのスキャンのみです。
1926年に建てられた宮殿を改造した博物館で、主にアレキサンドリアの沖合から発掘・引き上げられたものが展示されていました。

スポンサーリンク