エジプト旅行記 カイロ・ギザ・ルクソール・アスワン・アレキサンドリア

エジプト旅行記

2012年4月30日~5月7日

ナイル川クルーズ

エジプト旅行の序盤は、食あたりなのか暑さのせいなのか非常に体調が悪かったのですが、クルーズ船でのんびりと身体を休めながら観光したことで、無事に体調を戻すことができました。ありがとうクルーズ船。

豪華で優雅なクルーズ船

アスワンからルクソールまで移動するのに、クルーズ船を利用しました。途中で遺跡の観光に立ち寄りながら、ナイル川の眺めを楽しむことができるというお得な感じのクルーズです。ナイル川の流れはとても緩やかなので、船酔いの心配も無しです。
乗った船は『AL JAMILA』号という名前で、足掛け4日間お世話になりました。ちょっとガタが来ている部分もありましたが、まぁまぁ豪華な船でした。

デッキにあるプール

船のデッキにはプールも有り、自由に泳ぐことができます。自分は泳ぎましたが、他のシャイな日本人にはあまり人気がありませんでした。プールには入らなくても、デッキに出ていると風が気持ちよかったです。

ナイル川を行き来するクルーズ船

ナイル川には四百隻ものクルーズ船が行き来しています。クルーズ船は観光地に着いたり夜になったりしたら停船しますが、接岸場所は限られているので全ての船が岸に付けられるわけではありません。じゃあどうするのかというと、船同士を隣り合わせに密着して停めます。もし岸に降りたいなぁと思ったら、他の船の中をガンガン通行して行くことになります。

エジプトの伝統舞踊タンヌーラ

船旅はそれなりに長いので、色々なイベントが催されます。これはエジプトの伝統舞踊『タンヌーラ』で、大きなスカートをグルグルと広げながら回転します。障害物の多い場所でも器用にクルクル回ります。目も回さずにかなり長い時間回ります。踊っているのはおじさんなので、スカートの中が見えても嬉しくはないです。

ナイル川を遊覧するフルーカ

クルーズ船がアスワン辺りを通過するとき、ナイル川を遊覧するフルーカと呼ばれる小さな帆船が見えました。ああいった小舟も気持ち良さそうです。

コム・オンボ神殿

クルーズ船から見えたコム・オンボ神殿。ここは立ち寄って観光するはずだった場所なのですが、当日は従業員のストライキがあったとかで行けませんでした。残念…。
この神殿は二重神殿という珍しい形を採っていて、ワニのミイラが展示されているそうです。

エスナのロック

ナイル川にも高低差があり、普通にしていては船が通れない深さもあります。それを解消するための施設はロックと呼ばれ、今回のクルーズではエスナという場所にありました。
詳しい仕組みはよくわかりませんが、このロック内の水位を上下させることで船の航行を可能にしています。このロックに入るための順番待ちの時間が結構長いので、クルーズ船の周囲に小舟が寄ってきて物売りを始めていました。凄い商売根性です。

スポンサーリンク

Topへ