エジプト旅行記 カイロ・ギザ・ルクソール・アスワン・アレキサンドリア

エジプト旅行記

2012年4月30日~5月7日

ギザの大スフィンクス

「朝は四本足、昼は二本足、夜は三本足。これは何でしょう?」のナゾナゾでお馴染みのスフィンクスは、このスフィンクスではなくてギリシャ神話のスフィンクスです。エジプト神話のスフィンクスは人を食べたりしません。

ギザの大スフィンクスとカフラー王のピラミッド

カフラー王ピラミッドから参道をたどってくると、河岸神殿に鎮座ましましているのが『ギザの大スフィンクス』です。大きさは前足の先端から尻尾までで73.5m、高さは20mです。
カフラー王のピラミッドと同じ時代に作られた説が有力で、その顔はカフラー王に似せられているそうですが、そもそもカフラー王の顔がどんなだったのかわかっていないようです。ちなみに身体はライオンです。

スフィンクスの足元まで接近

チョコンと出した前足とオカッパ頭が、なんとなく可愛らしさを演出しています。神社の狛犬的な感じです。
訪問時はエジプトがやや情勢不安で観光客が少なかったためか、普段ならば観光客は行けないスフィンクスの足元まで行くことができました。
もっとも、2014年11月からは観光促進の一環として、足元まで行けるようになるようです。
余談ですが、夜になるとスフィンクス、ピラミッド共にライトアップされる『音と光のショー』が行われます。自分は見てませんが…。

以前はあったアゴ髭と鼻

元々はアゴ髭がありましたが崩れ落ちてしまい、その破片はエジプト考古学博物館とイギリスの大英博物館に保管されているそうです。
また、鼻ももげてしまっていますが、これは人間の手で意図的に破壊されたそうです。犯人は諸説あって、定かではありません。
長い年月を経てかなり脆くなっており、今でもちょっとずつ崩れ続けているそうです。見られるうちに見ておきましょう。

スフィンクス前の夢の碑文

スフィンクスの前足の間には『夢の碑文』と呼ばれる石碑があります。
これには、即位前のトトメス4世の夢にスフィンクスが出てきて言った、「お前を王にしてやるから、俺の埋もれちゃってる前足の上の砂をどかしてくれ」のようなことが刻まれているそうです。

見つめる先にはケンタッキー

有名な話ですが、スフィンクスが見つめる先には現在『ケンタッキーフライドチキン』と『ピザハット』があります。どちらのお店からもスフィンクスとピラミッドがよく見えるそうです。

スポンサーリンク

Topへ